MENU

格安SIMって何?仕組みが分かれば便利な代物!!

最近CMなどで見かけるようになった格安SIMという言葉ですが、実際のところいまいち理解していない人もいるのではないでしょうか。
今回はその格安SIMについて解明していきたいと思います。
そもそもSIMとは何なのかご存知でしょうか?英語で「Subscriber Identity Module Card」と言い、携帯電話番号が登録されているICカードのことです。

 

このカードがないと電話やデータ通信が出来ないので、いわばスマホの心臓部分と呼べるでしょう。
このSIMカードは、大抵スマホ横のカバーなどに収納されていることが多いです。
SIMについて理解したら、今回の本筋格安SIMについての説明です。
格安SIMとは、まさに「格安で利用できるSIM」のことで、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)という会社が提供しており、通信キャリア(ドコモやソフトバンク等)からネットワークを借りているのが特徴です。
データ通信料がとにかく安く、大手キャリアと比べると1/4の費用で済む場合もあります。
多彩な料金プランがあるので、自分に合ったものが選べるのも便利な点ですし、通信費を安く抑えたい方にはもってこいの代物です。
ただ、メリットがあればデメリットもあります。

 

大きなデメリットといえば、キャリアメール(〜@docomo.ne.jp、〜@ezweb.ne.jp、〜@softbank.ne.jpのアドレスを使ってやり取りするメール)が使えなくなることです。
最近はLINEのやり取りが増えているのでメールを使用する人は少ないと思いますが、実はキャリアメールが使用できないと年齢認証が出来ないので、ID検索が出来ないんですね。
ですが、連絡先の交換には「ふるふる」やQRコードを利用するという手もあります。
また、格安SIMはネットでの販売がほとんどなので、何かあっても直接お店に訪ねるということが出来ません。
時間は少々かかりますが、ネットや電話などで相談することも可能です。

 

メリットもあればデメリットもある格安SIMですが、仕組みを理解し上手に活用すればとても便利なものです。これから機種変更等を考えている場合は、ぜひ格安SIMを検討してみると良いと思います。