MENU

格安SIMとは何か。

格安SIMとは読んで字のごとく、格安で利用することのできるSIMカードのことを指します。
そもそもSIMカードとは何かを先に説明しますと、携帯電話やスマートフォン、最近ではタブレットなどでもそうですが、これらのモバイル機器に挿入して使う小型のICカードのことを指します。
SIMとはSubscriber Identity Module Cardの略称であり、モバイル機器を利用する上で必要な電話番号や回線情報などが記録されています。
つまり外側のモバイル機器とSIMカードは切り離して考えることができ、逆に言えばSIMカードさえ挿しかえれば、別の携帯電話を自分の番号で利用するといったことも可能になります。

 

ではなぜそれが格安で利用できるかということですが、結論から言うと大手の回線業者から回線を間借りしており、不要なコストをカットできているためです。
一般的にモバイル機器の大手回線と言えば、ドコモ、au、ソフトバンクの3社ですが、これらの事業者が持っている回線の中の一部を借りることでコストを下げています。

 

回線というのは車線数の多い道路と考えてみてください。
そのうちの数車線を格安SIM業者が借りているのです。
格安SIMを提供している業者をMVNOとよく言います。
日本語では仮想移動体通信事業者となりますが、文字通り回線を大手事業者から間借りし、自社で基地局等の通信設備の実態を持たないのでこのように言われています。

 

格安だからと言って、サービスレベルは大手回線業者と比較しても見劣りしません。
通常通り音声通話もできますし、当然インターネットの接続も可能です。
仮想とはいえ立派なキャリアですので、他のキャリアからMNPを使って同じ番号を持ったまま移行することもできます。
現在はドコモ系の格安SIM事業者が大半です。数も多く、さまざまな料金プランも出ているので、自分に合ったプランがあるかどうか一度調べてみてはいかがでしょうか。