MENU

格安SIMで月々の通信費を節約

みなさんはSIMカードという言葉をご存じでしょうか。
あまり聞き慣れない言葉ですが、実はみなさんがお使いの携帯電話やスマートフォンに必ず入っているチップのことなんです。
では「SIMカード」と「格安SIM」の違いはなにかというと、そのチップを提供しているのが、大手の通信キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)か、それ以外の通信会社(楽天モバイル、OCN、DMMmobileなど)か、という点だけです。
ではなぜ「格安SIM」と呼ばれるかというと、大手キャリアのSIMカードを使用した場合の通信料金は6,000円〜7,000円くらいが相場ですが、それ以外の通信会社のSIMカードの場合、2,000円程度で済むからです。
こんなに差額が出ると、「格安な分、なにか不具合があるのではないか」と疑問に思う人もいると思います。
しかし、実際に格安SIMを提供している携帯キャリアは、電話の質やインターネットの速度などはドコモ品質です。
その他にも一部ではau品質のものを使っている携帯キャリアもありますが、はやり品質に大差はありません。

 

では格安SIMのデメリットはなんでしょうか。
それは、まず「スマートフォンを購入しなければいけない」ことです。
しかし、auとドコモのスマートフォンはそのまま格安SIMを指して使うことが可能です。
しかしここで注意が必要なのは、格安SIMを使用すると機種によってはデザリングができない可能性があるという点です。
デザリングが必須な場合は、SIMフリーのスマートフォンを買う必要があります。

 

次に「通話料が30秒で20円かかる」ということです。
なのでビジネスなどでたくさん通話をする人には、格安SIMはおすすめできません。
しかし、今は無料の通話アプリもあるので、家族や友人への電話はそちらを使うという人には問題ありません。
最後に「キャリアメールが使えなくなる」という点です。
しかしこれもフリーメールなどを代用すればメール機能は使えるので、そんなに重大な欠陥とはいえないでしょう。
以上のデメリットを含めて考えると、多くの人が格安SIMに変更しても大きな不便を感じるこなく、通信費を節約できます。